肩こりさんのための
パーソナルトレーニング

こんな悩みはありませんか?

  • 肩甲骨まわりを柔らかくしたい
  • 肩こりを根本から治したい
  • 姿勢を整えたい
  • 筋力不足を解消したい
  • 頭痛を予防したい
  • 肩がスムーズに上がるようにしたい
  • 頭痛を予防したい

肩がこる原因

①姿勢が悪い(猫背・反り腰など)
前かがみ姿勢や片足重心、座っている時に足を組むなど非対称な姿勢を多くとっていると体のバランスが崩れ、背骨や骨盤が徐々にずれていきます。
特にデスクワークやスマホをよく見る方の姿勢は猫背になりやすく、首から肩甲骨周りにかけての可動性が低下していきます。可動性が低下すると血液の循環も悪くなり、凝りをさらに感じるようになっていきます
また、成人の頭の重さは約4~6㎏あり、その頭の重さを首の骨と筋肉で支えています。猫背などにより姿勢が悪くなり、頭がうつむくだけで首にかかる負担は4~6㎏の数倍へとなっていきます。姿勢不良が長く続くと首だけでは支えれず、首から肩への負担もかなり大きくなっていきます。そのため、首や肩の筋肉が常に緊張状態になり凝りを感じやすくなります。
まずは姿勢を改善していくことが肩こり改善への第一歩です
②血行不良
身体を支えている筋肉の中には血管が通っています
筋肉が硬くなったり、運動不足で筋肉を動かしていないと血液の循環が滞り、手足の冷えにもつながります。
血行不良が続くと疲労物質(老廃物)も溜まっていき、さらに筋肉は硬くなります。
血液循環と連動しているリンパの流れも滞るので、浮腫みの原因にもなります。
そのまま放置していると、凝りの塊と言われる「硬結」ができていきます。
硬結ができてしまうとなかなか取れにくい頑固な肩凝りへ・・・
慢性的な肩こりになる前にしっかりとしたケアをしていきましょう
③運動不足
身体を支えている筋肉の中には血管が通っています
筋肉が硬くなったり、運動不足で筋肉を動かしていないと血液の循環が滞り、手足の冷えにもつながります。
血行不良が続くと疲労物質(老廃物)も溜まっていき、さらに筋肉は硬くなります。
血液循環と連動しているリンパの流れも滞るので、浮腫みの原因にもなります。
そのまま放置していると、凝りの塊と言われる「硬結」ができていきます。
硬結ができてしまうとなかなか取れにくい頑固な肩凝りへ・・・
慢性的な肩こりになる前にしっかりとしたケアをしていきましょう
④肩のインナーマッスルの筋力低下
肩のインナーマッスルとは回旋筋腱板(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)といわれ肩の深部に着いている4つの筋肉の総称のことです。
運動不足や加齢によって徐々に深部の筋力低下が起こると、もともと不安定な肩関節がさらに不安定な状態になります。深部の筋肉と表面についてる筋肉(三角筋)などとの筋力バランスが崩れてしまいます。深部の筋肉たちでしっかりと肩の安定性を高めれなくなると表面についている筋肉(アウターマッスル)が頑張らなくてなりません。アウターマッスルの使い過ぎでコリを感じる⇒さらにインナーマッスルの筋力低下⇒アウターマッスルをさらに使う⇒コリを感じるといった感じで悪循環に陥ってしまいます。
悪循環を断ち切るためにインナーマッスルを鍛え、筋バランスを整えることが大切です。この筋バランスは姿勢にも大きく関わってきます
⑤身体が硬い
身体が硬いということは単純に身体の可動性(動ける範囲)が小さくなります
特に肩周り、肋骨周囲が硬いと呼吸に関係してきます
肩や肋骨周囲の可動性が低いと呼吸が浅くなりやすく、筋肉の伸縮性も乏しくなります。筋肉の伸び縮みが乏しいと筋肉内の血管の循環が滞りやすくなり、老廃物も溜まりやすいです。そのため、浮腫みやすかったり、肩こりを感じやすくなります。
なので、筋肉の伸縮性をしっかりだしてあげ、可動性を広げてあげましょう
⑥眼精疲労
私たちの生活には欠かせないスマホやパソコン。液晶を長時間見ていると目が疲れませんか?集中すればするほど瞬きの回数も減り、ドライアイになることも…
目の疲れを感じたら、目を瞑って休んだり、遠くを見ることで休息を入れながら予防もできますが、疲れがとれないまま蓄積されると目の疲れも慢性化していきます。
さらに目の神経は後頭部にあり目の疲れが慢性化すると頭痛にもつながります。
それに加えて自律神経が乱れやすくなり、パソコンやスマホを操作する姿勢(前かがみ・猫背)なども重なり、肩周囲の筋肉の緊張状態から肩こりになりやすいです。
⑦ストレス
ストレスと肩こりは密接な関係性があります
ストレスが溜まると自律神経が乱れやすくなります。自律神経が乱れると身体が緊張しやすくなります。つまり、身体(筋肉)がこわばって、常に緊張状態にあることになります。そのため眠っているときも完全に身体の力が抜けずにリラックスできないため、寝ても身体が休まりません。寝ても寝た気がしない、スッキリしない…などといった症状がでてきます。常に緊張状態にある身体は筋肉がこわばるので循環も悪くなり、疲労物質もながれにくくなり、肩こりが起こってしまします。
ストレス発散も肩こり予防につながります。

肩こりさんのための
&youのパーソナルトレーニング


◇肩こりの原因
・姿勢が悪い(猫背・反り腰など)
・血行不良
・運動不足
・首や肩周り(特に肩のインナーマッスル)の筋力低下
・身体が硬い
・眼精疲労
・ストレス

様々な要因が重なり、肩凝りの原因となっています
要因が重なることでマッサージだけではなかなか改善しない
慢性的な肩凝りとなっている方が増えています

肩凝りを予防していくためには、カラダの柔軟性は必須です
これに加えて、最低限の筋力アップも必要です

当店の肩凝りさんのためのパーソナルトレーニングは、
「女性の肩凝り体質」にターゲットを絞ってメニューを
作りました



肩こり体質解消のための3つポイント!

❶ 呼吸が整う姿勢に変える

❷ カラダの軸が安定していること

❸ 首・肩甲骨・肋骨・背骨の柔軟性が高いこと


これらが基礎になってきます
・柔軟性を高めるためのトレーニング
・姿勢を整えるトレーニング
・身体の軸が安定するトレーニング を組み合わせて行います。

お客様の身体をしっかりとチェックし、身体を知るところからスタート
身体の状態に合わせて、トレーニングを進めていきます

運動が初めての方でも丁寧に指導しながら行いますのでご安心ください

肩こり解消のための
トレーニング内容

1.柔軟性を高める

首や肩、肋骨、背骨の柔軟性の向上を目指します
一人一人に合った方法で呼吸に着目しながらストレッチを行い、柔軟性アップを図っていきます。
とにかくストレッチをして柔らかくしていくのではなく、その方に合った身体の動かし方を指導しますので無理なく行えます。徐々に変わっていく身体の変化をご体感ください

2.姿勢を整える

姿勢を整えるのに一番大切なのは「呼吸」です
呼吸の方法から指導し、息がしやすいというのも体感してもらいます
そして、深くゆっくりとした呼吸を無理なく行えるようにしていきます
呼吸がしやすい身体つくりをしながら、姿勢の歪み、猫背などの改善を図っていきます
鏡で一緒に姿勢をチェックし、正しい姿勢、動きやすい姿勢へと整えていきます

3.身体の軸を安定させる

あなたの身体の軸は安定していますか?片足立ちでふらつきはないですか?
身体の軸は日常生活の中で起こった骨盤の歪み、姿勢の崩れなどでズレやすく、ずれている軸を一人で戻すことは難しいです
そのため、一緒に確認しながら身体の軸を元あるべき場所へと戻していきます
さらに身体の軸を安定させるには、身体の土台となる体幹・下半身もしっかりと鍛えます
同時に肩こり解消に欠かせない、肩のインナーマッスルも鍛え、肩の安定性をはかっていきます。肩の可動性アップ、筋力アップをしながら動かしやすさを引き出し、肩こりの解消、痛みの改善を図っていきます

肩こりさんのためのパーソナルトレーニング

パーソナルトレーニング 50分
¥5,000

初回体験価格 ¥4,500

4回チケット ¥22,000(2ヶ月有効)
8回チケット ¥41,600(3ヶ月有効)

講師紹介

西岡 真美
皆さんと楽しく明るく取り組めるように
講座を進めていきます。
無理せず、自分のペースでご参加ください。
資格
  • 理学療法士
  • 骨盤美均ラボ認定 S級 
    N-care&ウォーキングトレーナー
  • 骨盤美均ラボ認定 S級 
    N-care&ウォーキングトレーナー

お問い合わせ

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。